五輪種目にない駅伝が毎週あちこちで…マラソン強化と矛盾

公開日: 更新日:

 東京五輪の開幕まで6カ月余りだが、五輪の種目にない駅伝大会が毎週のように全国のあちこちで行われている。主なものだけでも目白押し。12日も全国女子駅伝が京都で開催される。

 現在残る最古の駅伝は東京箱根間往復大学駅伝。この大会は、日本人で初めて1912年のストックホルム五輪(マラソン)に出場した「日本マラソンの父」こと金栗四三氏が、長距離、マラソン選手の育成を目的に創設したといわれている。

 しかし、近年の五輪で日本のマラソン勢は男女ともに低迷。大学、実業団の大会だけでなく、全国高校駅伝さえも、名前を売るための「宣伝駅伝」になっているのが実情だ。特に多くの実業団は、マラソンより元日の全日本対抗駅伝を重視するため、「マラソンを走るための練習時間が取れない」とボヤく選手も少なくない。

 実業団の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る