超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

公開日: 更新日:

 例年以上に選手の足元に注目が集まった。

 青学大の2年ぶり5度目の総合優勝で幕を閉じた第96回箱根駅伝。2日の往路を新記録の5時間21分16秒で制した青学大は、昨3日の復路でも他校を圧倒した。往復で大会記録を一気に6分以上も更新する10時間45分23秒での完全優勝である。

「3分2秒差の2位に終わった東海大も大会新記録。全10区のうち、実に7区間で区間新が誕生した。11年ぶりに区間記録を更新した2区の相沢(東洋大)は、箱根駅伝100年の歴史で初となる『5分台(1時間5分57秒)』をマーク。3区のビンセント(ケニア=東京国際大)の59分25秒はハーフマラソンの世界歴代5位に相当するタイムです。区間新を叩き出した選手が13人も出て、そのほとんどがナイキ社製の厚底シューズを履いていたため、関係者の間では『履くドーピング』なんて声まで出ました」(大会関係者)

 実際、今大会でのナイキの厚底シューズの着用率は80%超。昨年大会から倍増した。アディダス社とスポンサー契約を結んでいる青学大も今回は全選手がナイキのシューズを履き、2年ぶり5度目の総合優勝を果たしたのだ。マラソンなどの陸上長距離界を席巻するナイキの厚底シューズは、簡単に言えば、ソールに埋め込まれたカーボンプレートが高いクッション性と反発力を生み、それが推進力につながるといわれる。関係者が「履くドーピング」とこぼすゆえんだが、それほどまでに効果はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”