超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

公開日: 更新日:

 例年以上に選手の足元に注目が集まった。

 青学大の2年ぶり5度目の総合優勝で幕を閉じた第96回箱根駅伝。2日の往路を新記録の5時間21分16秒で制した青学大は、昨3日の復路でも他校を圧倒した。往復で大会記録を一気に6分以上も更新する10時間45分23秒での完全優勝である。

「3分2秒差の2位に終わった東海大も大会新記録。全10区のうち、実に7区間で区間新が誕生した。11年ぶりに区間記録を更新した2区の相沢(東洋大)は、箱根駅伝100年の歴史で初となる『5分台(1時間5分57秒)』をマーク。3区のビンセント(ケニア=東京国際大)の59分25秒はハーフマラソンの世界歴代5位に相当するタイムです。区間新を叩き出した選手が13人も出て、そのほとんどがナイキ社製の厚底シューズを履いていたため、関係者の間では『履くドーピング』なんて声まで出ました」(大会関係者)

 実際、今大会でのナイキの厚底シューズの着用率は80%超。昨年大会から倍増した。アディダス社とスポンサー契約を結んでいる青学大も今回は全選手がナイキのシューズを履き、2年ぶり5度目の総合優勝を果たしたのだ。マラソンなどの陸上長距離界を席巻するナイキの厚底シューズは、簡単に言えば、ソールに埋め込まれたカーボンプレートが高いクッション性と反発力を生み、それが推進力につながるといわれる。関係者が「履くドーピング」とこぼすゆえんだが、それほどまでに効果はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟