羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

103位→12位の松山 メンタルの立て直しも向上した20年初戦

公開日: 更新日:
7回目の出場でベスト成績更新する12位(C)共同通信社

 3年ぶりに米ツアー優勝が期待される松山英樹の2020年が「ソニーオープン」からスタートしました。

 今年は悪天候に多くの選手が泣かされました。

 直前大会に勝ったJ・トーマスや好調なP・リードがともに3オーバー・82位…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  7. 7

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  8. 8

    テレ東主演で天才教授役決定 NHKも重宝する田中圭の勢い

  9. 9

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

  10. 10

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る