巨人岡本は“1人3役”大忙し 侍Jで東京五輪へ「2つの課題」

公開日: 更新日:

 これまではチーム優先で無頓着だったが、今年は違う。

 巨人岡本和真(23)が7、8月の東京五輪に向けて「選ばれるということは、開幕から活躍しているということ」とキッパリ言ったのだ。昨年までは「巨人での戦いが優先」と言い続けていた。それが、いよいよ五輪イヤーが幕を開けると、堂々と代表入りを宣言。昨季3月は打率・154、4月は・258、5月は・255。8月は・301と夏場には強いものの、今年は開幕から侍ジャパンの稲葉監督にアピールする必要がある。当然、調整も前倒しになるということだ。

 昨春のキャンプも直訴して3日の紅白戦に出場したが、今年も4日の最初の紅白戦に出場する見込み。今年はスロースターターは許されない。代表入りのため、「超速仕上げ」で、開幕からのスタートダッシュをもくろんでいる。

■チームでも新たな役割

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る