山口俊を地元ファン歓迎も…ブ軍観客増にプラス材料なし

公開日: 更新日:

 ブルージェイズに入団した山口俊(32=前巨人)が、早くも地元ファンの歓迎を受けた。18日(日本時間19日)のファン感謝祭で、写真撮影やサイン会の際には長蛇の列ができた。

 山口は、15日の入団会見で本拠地トロントの印象について「気温は寒いけど、人は温かい」と話し、新天地での生活が待ちきれない様子だったが、開幕後には好印象を覆されるかもしれない。

 ブルージェイズの昨季の観客動員数は30球団中21位の約175万人。開幕から低迷してア東地区4位とふるわなかったこともあり、一昨年の約232万人から大幅にダウンした。

 このオフは山口の他、昨季ナ・リーグの最優秀防御率左腕で韓国出身の柳賢振らを補強。弱点だった投手陣をテコ入れした。それでもチーム成績にかかわらず、客足の伸びは改善されそうにない。

 地元ファンの関心はブルージェイズよりも、同じトロントを本拠地にする米プロバスケットボールNBAラプターズに移っているからだ。ラプターズは昨季(18―19年シーズン)、カナダのチームでは史上初めてNBAファイナルを制覇。ブ軍とは対照的に、観客動員数は全30球団中4位の81万2822人(1試合平均1万9824人)だった。今季も開幕から好調(イースタン・カンファレンス3位=19日終了時)。ここまでのホーム22試合で1試合平均は1万9784人と微減ながら、集客数は全体3位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る