山口俊を地元ファン歓迎も…ブ軍観客増にプラス材料なし

公開日: 更新日:

 ブルージェイズに入団した山口俊(32=前巨人)が、早くも地元ファンの歓迎を受けた。18日(日本時間19日)のファン感謝祭で、写真撮影やサイン会の際には長蛇の列ができた。

 山口は、15日の入団会見で本拠地トロントの印象について「気温は寒いけど、人は温かい」と話し、新天地での生活が待ちきれない様子だったが、開幕後には好印象を覆されるかもしれない。

 ブルージェイズの昨季の観客動員数は30球団中21位の約175万人。開幕から低迷してア東地区4位とふるわなかったこともあり、一昨年の約232万人から大幅にダウンした。

 このオフは山口の他、昨季ナ・リーグの最優秀防御率左腕で韓国出身の柳賢振らを補強。弱点だった投手陣をテコ入れした。それでもチーム成績にかかわらず、客足の伸びは改善されそうにない。

 地元ファンの関心はブルージェイズよりも、同じトロントを本拠地にする米プロバスケットボールNBAラプターズに移っているからだ。ラプターズは昨季(18―19年シーズン)、カナダのチームでは史上初めてNBAファイナルを制覇。ブ軍とは対照的に、観客動員数は全30球団中4位の81万2822人(1試合平均1万9824人)だった。今季も開幕から好調(イースタン・カンファレンス3位=19日終了時)。ここまでのホーム22試合で1試合平均は1万9784人と微減ながら、集客数は全体3位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る