徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

公開日: 更新日:

 いよいよその時が来たようだ。

 20年ぶりの幕尻優勝を果たした徳勝龍(33)が27日、木瀬部屋で一夜明け会見を行った。

「夢のよう。まだふわふわしている」

 と話し、「千秋楽まで三役の力士とやってなかったんで。(優勝争いの相手だった)正代関に申し訳ない」と、率直な心情を吐露した。

 同日、大関豪栄道(33)が引退の意向を示した。9度目のカド番だった今場所は5勝10敗。来場所から関脇への転落が決まっていた。すでに協会には連絡済みだという。

 かねてファンの間で話題になっていた「世代交代」。それが現実味を帯びてきた。

 白鵬鶴竜の両横綱が序盤にそそくさと休場した今場所は、さまざまな力士が活躍した。小兵の炎鵬、照強は連日、ファンの歓声を浴びた。千秋楽まで徳勝龍に食い下がった正代以外にも、後半まで賜杯争いに加わった遠藤豊山、輝らの奮闘もあった。いずれも平幕、そして日本人力士だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る