炎鵬、照強、宇良…いまや大相撲は小兵なしでは語れない

公開日: 更新日:

 いまや小兵なくして大相撲を語れない、といっても過言でもあるまい。連日、幕内の土俵を盛り上げているのが炎鵬(25)と照強(25)だ。

 168センチ、99キロの炎鵬は横綱白鵬の内弟子。今場所は前頭5枚目と、着実に番付を上げている。地を這うような低い姿勢で、相手を猛攻を粘ってしのいだ際は足に土がつかんばかりの体勢になることもある。それでも落ちないのが炎鵬の魅力だ。

 アクロバティックな動きでファンを喜ばせているが、前に出る圧力は見かけ以上。対戦経験のある力士が言う。
 
「強い弱いというのではなく、とにかくやりにくい。下から下から攻めてくるし、投げる力も強い。よほど体重差があるなら、低い姿勢でじっくり慎重に取ればいいんでしょうけど……。炎鵬関は140、150キロくらいは苦にしませんからねえ。いかに自分の体に頭をつけさせないか、いかに冷静に相撲を取るかが、炎鵬関と対戦するときのポイントだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る