炎鵬、照強、宇良…いまや大相撲は小兵なしでは語れない

公開日: 更新日:

 いまや小兵なくして大相撲を語れない、といっても過言でもあるまい。連日、幕内の土俵を盛り上げているのが炎鵬(25)と照強(25)だ。

 168センチ、99キロの炎鵬は横綱白鵬の内弟子。今場所は前頭5枚目と、着実に番付を上げている。地を這うような低い姿勢で、相手を猛攻を粘ってしのいだ際は足に土がつかんばかりの体勢になることもある。それでも落ちないのが炎鵬の魅力だ。

 アクロバティックな動きでファンを喜ばせているが、前に出る圧力は見かけ以上。対戦経験のある力士が言う。
 
「強い弱いというのではなく、とにかくやりにくい。下から下から攻めてくるし、投げる力も強い。よほど体重差があるなら、低い姿勢でじっくり慎重に取ればいいんでしょうけど……。炎鵬関は140、150キロくらいは苦にしませんからねえ。いかに自分の体に頭をつけさせないか、いかに冷静に相撲を取るかが、炎鵬関と対戦するときのポイントだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る