徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

公開日: 更新日:

33歳・木瀬部屋・前頭17枚目

 たった一言で人生が変わることもある。徳勝龍の身に起こったのもそれだ。

 相撲を始めた小学4年から、突き押し一本。近大では学生横綱にこそなれなかったものの、押し相撲は「プロでも十分に通用する」と角界から太鼓判を押され、大学4年時に木瀬部屋に入門した。

 前相撲から始めて順調に幕下に昇進。ところが、十両昇進を目の前にしながら何度も足踏みをした。そんな折の2010年、前年に木瀬親方(元前頭肥後ノ海)が暴力団に維持員席のチケットを渡していたことが発覚し、木瀬部屋は閉鎖の処分となった。

 徳勝龍ら所属力士は、同じ出羽海一門の北の湖部屋に移籍。そこで北の湖親方から突然、「おまえは四つ相撲だな」と言われた。

 押し相撲を身上としていた徳勝龍は、理解できずにキョトン。すると北の湖は「四つ、左四つだよ」と言葉を続け、本格的にスタイルを変更せざるを得なくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る