松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

38年ぶりの横綱大関 最高位を兼務する大関鶴竜は大変だあ

公開日: 更新日:

 38年ぶりに大相撲で「横綱大関」が復活するそうだ。東西に大関がいなけりゃいけないところ、今場所は貴景勝一人になるので、鶴竜が西の大関兼務ってことらしい。

 いいんじゃないの。だって鶴竜は大関でしょ? 出ちゃ休み出ちゃ休み、なんとかもってるけどサ。どうにか落ちないでいられるのは一体全体どうしたわけかね?

 え! 鶴竜って、横綱だったっけ? 土俵入りしてる? いや大関だって土俵入りはやるんだよ。

「最後は大関鶴竜であります」って言われてサ。土俵に上がった途端に柏手打って、やる気なさげにバンザイして、化粧まわしの端っこチョンとつまんで、一周回って帰ってっちゃう幕内の関取衆以下同文の土俵入り。あっちのイメージのほうが強いんだけど。

 そっか、あれえ、横綱の土俵入りやってたっけ? 白鵬に比べてあんまし我流にアレンジしてない、地味なのをやってた? あ、そうなんだ。いつの間に覚えたかね? ずっとやってた? ウッソ~~!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る