松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「勝っても騒がれない野球」と「負けて騒がれるサッカー」

公開日: 更新日:

 サッカーU―23代表が五輪最終予選で負けた。負けたら騒ぐセルジオ爺さん、勝っても騒ぐんだから(それが仕事だから)まあ仕方ないが、選手はね、地元開催の五輪にゃ負けても出られるわけだから、そらあ目の色変えてくるサウジとかシリアとかにゃかなわんわな。

 ヨーロッパ組を入れろ! いっそ本田も入れたらどうか?(と本人がせっついてくるだろうし) 森保監督は針のむしろだろうけど、選択肢はまだまだあるわけだ。オーバーエージ枠でいい選手呼び戻せるわけだ。

「いいねえサッカーは。勝たなくても五輪に出られる試合に負けたぐらいで、これだけ騒がれて。野球はね、勝ったんだよプレミア12で! アジア選手権予選敗退じゃないよ、世界一になったんだよ。サッカーと違ってね、こっちはあんたらサッカーと違って、ホントに使いたい選手はメジャーから呼び戻せないんだよ。メジャーが許してくれないんだよ。しようがないから現有勢力でどうにか頑張って、勝ったんだよ、世界一になったんだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る