先発転向の楽天・松井が語る 東京五輪とメジャーへの思い

公開日: 更新日:

松井裕樹(楽天・投手 24歳)

 抑えとして通算139セーブをマークする松井は今季、先発に転向する。かねて意欲を見せる東京五輪の代表入りや、メジャー挑戦について思いを聞いた。

■「スキルを高めたい」が一番の理由

 ――先発転向の勝算は?

「抑えをやっていると、基本的に打者とは1打席しか対戦しません。あくまでその日の1回目の対戦では、抑えられるとは思っていますが、先発ではその1打席目を生かして、2打席目、3打席目にどう投げるか。今は自分の体をコントロールして、捕手が要求する球を投げられる準備に集中していますが、実戦が始まれば、配球や打者の狙いを外すことは、捕手との共同作業になるので、実戦を通じて、培っていきたい」

 ――先発ではペース配分も大事になる。

「抑えとしては、あくまで球威で押すだけのスタイルでした。僕自身、投手としてのスキルが全然ないので、球数を少なくするとか、テンポ、緩急、間合いといったところは、九回の切羽詰まったところで試したりするのはなかなか難しい。先発として1週間のスパンで自分を高められる時間もつくれますし、何回も同じ打者と対戦することで、たとえば前の打席と比べて構えが変わったなとか、何を狙っているのかな、といった洞察力も鍛えられると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る