NBAにもコロナショック 八村塁が東京五輪に来日できない?

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米プロバスケットボールNBAも対策に乗り出した。

 すでに各チームに対し、観戦客とのハイタッチを避け、サインする際にもファンが持つペンやジャージーを手にしないように勧告した。選手の間でも話題になっており、3日(日本時間4日)のキングス戦を前にウィザーズ・八村塁(22)は、開催が危ぶまれる東京五輪について「オリンピックをやりたいというのは僕らにもある。手洗いやうがいは一人ずつが気を使っていれば広がらないと思う」と、沈静化を訴えた。

 NBAは五輪への選手派遣に積極的。今回もドリームチームを編成する米国の他、各国ともNBAのスター選手を中心とした布陣となる。大リーグとは異なり、五輪やW杯への出場は選手の希望が尊重され、NBAは出場の可否に関して口を挟めないが、新型ウイルスが猛威を振るっている今回ばかりはアダム・シルバー・コミッショナーも各球団オーナーも黙ってはいないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る