新型コロナで力士も外出自粛…「荒れる春場所」に拍車の声

公開日: 更新日:

 8日初日の3月場所(大阪)は、通称「荒れる春場所」と言われている。寒暖の差が激しく、体調を崩す力士が多いため、番狂わせも起きやすいということだ。

 その荒れる場所がさらに荒れそうな気配を漂わせている。新型コロナウイルスの影響で無観客が決定。力士を含めた協会員に「不要不急の外出自粛」要請が通達された。

 稽古に集中できるという意味では外出禁止はプラスになっても、“ツラ相撲”の力士はその限りじゃない。

「たとえば3連勝のあとに4連敗。白星も黒星も連なるから、ツラ相撲という。このタイプの力士に総じて言えるのは、気持ちの切り替えがヘタなこと。勝っている間は波に乗れても、一度負け出すと黒星を引きずりやすい。そんなとき、外出が何よりの気分転換になる。飲み食いでも女遊びでもいい。とにかく気持ちを切り替えるきっかけが欲しい。ところが、大阪では宿舎に閉じこもらなきゃいけないときた。これでは気分転換どころか、余計にメンタル面が悪化しかねない」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

もっと見る