新型コロナで力士も外出自粛…「荒れる春場所」に拍車の声

公開日: 更新日:

 8日初日の3月場所(大阪)は、通称「荒れる春場所」と言われている。寒暖の差が激しく、体調を崩す力士が多いため、番狂わせも起きやすいということだ。

 その荒れる場所がさらに荒れそうな気配を漂わせている。新型コロナウイルスの影響で無観客が決定。力士を含めた協会員に「不要不急の外出自粛」要請が通達された。

 稽古に集中できるという意味では外出禁止はプラスになっても、“ツラ相撲”の力士はその限りじゃない。

「たとえば3連勝のあとに4連敗。白星も黒星も連なるから、ツラ相撲という。このタイプの力士に総じて言えるのは、気持ちの切り替えがヘタなこと。勝っている間は波に乗れても、一度負け出すと黒星を引きずりやすい。そんなとき、外出が何よりの気分転換になる。飲み食いでも女遊びでもいい。とにかく気持ちを切り替えるきっかけが欲しい。ところが、大阪では宿舎に閉じこもらなきゃいけないときた。これでは気分転換どころか、余計にメンタル面が悪化しかねない」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る