レスリング五輪代表決定戦は非公開に NTC閉鎖回避が最優先

公開日: 更新日:

 東京五輪でのメダル量産を期待されるレスリング代表を決めるプレーオフが8日にナショナルトレーニングセンター(NTC=東京・北区)の道場で行われる。

 代表選考会の公開を原則としているレスリング協会は5日に会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、報道陣シャットアウトで行うと発表した。

 男子フリースタイル(FS)74キロ、女子FS68キロの2階級を決めるプレーオフには、選手とそのセコンド、審判や協会役員ら64人が来場する予定。判定の透明性を確保するため、2試合ともSNSを通じてライブ中継される。

 会見した末柄勝総務委員長は「基本的に公開が原則だが、今回は我々としても苦渋の決断を下さざるを得なかった」と説明し、理解を求めた。

 当日は来場者全員にマスク着用、手指の消毒などを徹底させ、感染防止に努めるが、仮に健康被害を訴える者が出れば、その影響はレスリングだけにとどまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る