レスリング五輪代表決定戦は非公開に NTC閉鎖回避が最優先

公開日: 更新日:

 東京五輪でのメダル量産を期待されるレスリング代表を決めるプレーオフが8日にナショナルトレーニングセンター(NTC=東京・北区)の道場で行われる。

 代表選考会の公開を原則としているレスリング協会は5日に会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、報道陣シャットアウトで行うと発表した。

 男子フリースタイル(FS)74キロ、女子FS68キロの2階級を決めるプレーオフには、選手とそのセコンド、審判や協会役員ら64人が来場する予定。判定の透明性を確保するため、2試合ともSNSを通じてライブ中継される。

 会見した末柄勝総務委員長は「基本的に公開が原則だが、今回は我々としても苦渋の決断を下さざるを得なかった」と説明し、理解を求めた。

 当日は来場者全員にマスク着用、手指の消毒などを徹底させ、感染防止に努めるが、仮に健康被害を訴える者が出れば、その影響はレスリングだけにとどまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る