阪神が大商大とOP戦 狙いはドラフト候補のチェックにあり

公開日: 更新日:

 社会人のスポニチ大会は中止だし、センバツが開催されたとしてもオレたちスカウトは入れないかもしれない。

 このご時世だ。試合を見たいファンに遠慮してもらうのは分かるとしても、オレたちは仕事だからね。ホント、商売あがったりさ。

 10日に埼玉で予定されていた12球団スカウトのコンペまで中止に。優勝狙って手にマメまでつくった極秘練習も水の泡か……なんて落ち込んでいたら携帯が鳴った。部長からだ。

 なるべく外出を控えておとなしくしてろって指示かと思ったら逆。「球団の二軍とか三軍が大学生や社会人相手にやるオープン戦を、しっかりマークしておけ!」って。

 例えば5日には阪神の二軍が大商大とオープン戦をやった。8日には巨人の二軍が中大、10日には巨人の三軍が早大とオープン戦を行う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る