巨人高卒2年目戸郷 開幕ローテ確実であるぞ“馬車馬”ローテ

公開日: 更新日:

 巨人の高卒2年目・戸郷翔征(19)が開幕ローテを手繰り寄せた。

 1日、ヤクルトとのオープン戦に初登板初先発。5回を2安打無失点、6奪三振の好投をみせた。この日の最速は151キロ。決め球のフォークも駆使した。原監督は「いい位置につけている」と及第点。それでも表情は晴れない。オフに流出した昨季15勝・山口俊の穴が埋まらないからである。

 期待の大きかった畠世周(25)が2月29日に右肩周辺の肉離れで離脱した。戸郷同様、キャンプからアピールを続け、ローテ入りが濃厚だった。

 昨季8勝の左腕エースのメルセデスも、キャンプ中に左肘の違和感を訴え、離脱したまま。さらに原監督をザワつかせるのが、新外国人のエンジェル・サンチェス(30)である。

 実戦2試合目の登板だった前日のヤクルト戦で3回2失点。連打を浴び、青木に被弾した。24日の登板も5失点と微妙な投球が続く。直球は150キロ超。カットボールなど変化球も多彩だが、なぜか捉えられる。原監督は前日の試合後、「まだまだ、こんなものじゃないだろう」と言ったが……。某スコアラーがこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る