豊山がレスリング相撲で炎鵬破る 熱戦も観客不在の寂しさ

公開日: 更新日:

 史上初の無観客場所で珍相撲だ。炎鵬と豊山が土俵中央で両手を握り合うかのような体勢で動かない。このまま膠着すること15秒。一度は離れたものの、再び両手を重ねるや、レスリングの差し手争いのような光景が今度は30秒以上も展開されたのだ。

「うまくいきました。下に入られたらやられる。作戦通りです」

 とは、押し倒しで白星を手にした豊山。敗れた炎鵬は、「相手にうまくとられてしまった」と肩を落とした。黒星を喫した初日には、「いつもと違った雰囲気で闘争心、アドレナリンが出なかった」と吐露した炎鵬。本来なら、この日の珍相撲に観客は大いに沸いただろう。人気者の戸惑いは続きそうだ。

【写真特集】無観客で開催 大相撲春場所

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る