豊山がレスリング相撲で炎鵬破る 熱戦も観客不在の寂しさ

公開日: 更新日:

 史上初の無観客場所で珍相撲だ。炎鵬と豊山が土俵中央で両手を握り合うかのような体勢で動かない。このまま膠着すること15秒。一度は離れたものの、再び両手を重ねるや、レスリングの差し手争いのような光景が今度は30秒以上も展開されたのだ。

「うまくいきました。下に入られたらやられる。作戦通りです」

 とは、押し倒しで白星を手にした豊山。敗れた炎鵬は、「相手にうまくとられてしまった」と肩を落とした。黒星を喫した初日には、「いつもと違った雰囲気で闘争心、アドレナリンが出なかった」と吐露した炎鵬。本来なら、この日の珍相撲に観客は大いに沸いただろう。人気者の戸惑いは続きそうだ。

【写真特集】無観客で開催 大相撲春場所

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る