大相撲無観客3月場所 序盤に垂涎の取組ギッシリ“真の狙い”

公開日: 更新日:

 いやでも応でも気合が入ること間違いなし。

 6日、相撲協会が発表した3月場所(8日初日、大阪)の初日、2日目の取組が、相撲ファン垂涎の好カードが目白押しとなったのだ。

 初日の結びの一番は横綱白鵬(34)vs遠藤(29)。先場所、白鵬は遠藤に立ち合いで張り手からのヒジ打ちのコンビネーションを仕掛けるも、そこは相撲巧者の遠藤。左の張り手を食らった瞬間、白鵬の右側に回り込むことでエルボーを回避し、見事、金星を獲得した。白鵬が逆襲するのか、返り討ちか。手に汗握る対決になるだろう。

 先場所Vの徳勝龍(33)は、千秋楽まで賜杯を争った正代(28)と初日に激突する。さらに2日目の相手は近大の後輩、朝乃山(26)。ここ2、3年、十両暮らしが多かった徳勝龍は、後輩の朝乃山と本場所で対戦することをモチベーションのひとつにしていた。大関とりを狙う朝乃山にすれば、初日の隠岐の海、そして2日目に大学の先輩を下し、弾みをつけたいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る