“掌底一閃”で白鵬連勝 懸賞1本の不人気でいざ本性丸出し

公開日: 更新日:

 無観客の館内にたった1本だけむなしく回る懸賞旗……。目の前で「不人気」を突き付けられた横綱白鵬(34)の怒りに火がついたのだろう。

 2日続けて立ち合いで相手を張った白鵬。遠藤に繰り出した初日のそれはまだ「張り手」だったものの、9日の2日目は「掌底」と呼ぶべき強烈な一発。「ボゴッ!」と鈍い音を立て、力自慢の大栄翔をぐらつかせた。その隙に二本差して、抵抗する相手を難なくすくい投げだ。

 たった1本の懸賞が物語るように、いまや白鵬人気はどん底。これまでの言動を考えれば自業自得ともいえるものの、ヘソを曲げると何をしてくるかわからないのがこの横綱だ。

■不機嫌になると強い

 例えば2015年の1月場所。対戦相手の遠藤コールが沸き起こるや、それに不快感を抱いたのか、取組中に何度も右ヒジを振り回した。2016年5月場所では初顔合わせの正代に観客が大声援。顔を真っ赤にした白鵬は立ち合いで張ると、決着がついた直後もダメ押しで正代を土俵下に突き落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    五輪延期で浮上する嵐活動休止の延長 NHKはナビ継続を切望

もっと見る