“掌底一閃”で白鵬連勝 懸賞1本の不人気でいざ本性丸出し

公開日: 更新日:

 無観客の館内にたった1本だけむなしく回る懸賞旗……。目の前で「不人気」を突き付けられた横綱白鵬(34)の怒りに火がついたのだろう。

 2日続けて立ち合いで相手を張った白鵬。遠藤に繰り出した初日のそれはまだ「張り手」だったものの、9日の2日目は「掌底」と呼ぶべき強烈な一発。「ボゴッ!」と鈍い音を立て、力自慢の大栄翔をぐらつかせた。その隙に二本差して、抵抗する相手を難なくすくい投げだ。

 たった1本の懸賞が物語るように、いまや白鵬人気はどん底。これまでの言動を考えれば自業自得ともいえるものの、ヘソを曲げると何をしてくるかわからないのがこの横綱だ。

■不機嫌になると強い

 例えば2015年の1月場所。対戦相手の遠藤コールが沸き起こるや、それに不快感を抱いたのか、取組中に何度も右ヒジを振り回した。2016年5月場所では初顔合わせの正代に観客が大声援。顔を真っ赤にした白鵬は立ち合いで張ると、決着がついた直後もダメ押しで正代を土俵下に突き落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る