巨人“投壊”OP戦最下位決定…開幕延期活用でトレード補強か

公開日: 更新日:

 また負けた。

 巨人は15日、楽天に3―7で敗れ、4分けを挟む9連敗。球団ワーストを更新する13試合勝ち星なしの2勝10敗4分けで、オープン戦を最下位で終えた。

 先発左腕・田口麗斗(24)は四回までは3安打1失点と好投していたが、五回に5連打を浴びて5失点と崩れた。結局、5回途中8安打6失点でKO。「ランナーを背負ってから、もうちょっとメリハリのある投球をしないといけない」と反省した。打たれた8安打中、左打者に6安打を浴びた。試合後、「左打者への研究が必要」と注文をつけた原監督は「(先発ローテは)6人中5人が決まっている」と明かしたが、投手陣は壊滅的な状況だ。

 畠、高橋が故障で離脱。オープン戦終盤には、戸郷や桜井が打ち込まれ、原監督が「まずは先発がしっかりしないと」と苦言を呈すなど、チーム防御率は4・37(12球団中9位)。通常通りの20日開幕でなくて良かった、といわれても仕方がない惨状である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る