巨人“投壊”OP戦最下位決定…開幕延期活用でトレード補強か

公開日: 更新日:

 また負けた。

 巨人は15日、楽天に3―7で敗れ、4分けを挟む9連敗。球団ワーストを更新する13試合勝ち星なしの2勝10敗4分けで、オープン戦を最下位で終えた。

 先発左腕・田口麗斗(24)は四回までは3安打1失点と好投していたが、五回に5連打を浴びて5失点と崩れた。結局、5回途中8安打6失点でKO。「ランナーを背負ってから、もうちょっとメリハリのある投球をしないといけない」と反省した。打たれた8安打中、左打者に6安打を浴びた。試合後、「左打者への研究が必要」と注文をつけた原監督は「(先発ローテは)6人中5人が決まっている」と明かしたが、投手陣は壊滅的な状況だ。

 畠、高橋が故障で離脱。オープン戦終盤には、戸郷や桜井が打ち込まれ、原監督が「まずは先発がしっかりしないと」と苦言を呈すなど、チーム防御率は4・37(12球団中9位)。通常通りの20日開幕でなくて良かった、といわれても仕方がない惨状である。

「原監督は特に桜井について『一生懸命投げている。それしか言えない』とかなり失望した様子で、ほぼ当確ランプがともっていた開幕ローテは白紙に戻った。宮本投手チーフコーチも中継ぎ転向の可能性を示唆している。先発が駒不足だけに、外国人の緊急補強の可能性はあるが、同時に『国内トレード』に動くことも視野に入れているでしょう。開幕延期で交渉の時間はたっぷりありますから」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状