筒香に開幕延期は追い風 同地区エース級2投手が手術で離脱

公開日: 更新日:

 レギュラーシーズンの開幕延期が決まっている米大リーグで、異常事態である。

 各球団とも、エース級投手の離脱が相次いでいるのだ。今キャンプ、オープン戦では、ヤンキースの右腕セベリーノ、レッドソックスの左腕セールが肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を決断。この2人以外にも、今季の飛躍を期待されたジャイアンツの右腕ビード、タイガースの左腕ウェンツ、パドレスの右腕ムニョスが同様に肘にメスを入れた。開幕前に5人がTJ手術を受けるのは前代未聞だが、コロナウイルス蔓延により、開幕が延期されて離脱期間が少なく済むためだとみられる。

 ア・リーグ東地区強豪のエース2人の長期離脱は、優勝争いの行方を左右しかねない。中でも同一地区のレイズも含めて混戦模様が予想される中、日本人ルーキーにとっては追い風になる。他でもない、今季レイズに入団した筒香嘉智(28)だ。何しろ、セール、セベリーノとも左打者に対して抜群の強さを発揮してきたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る