日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

公開日: 更新日:

 日米球界に猛烈な逆風の嵐が吹いている。

 新型コロナウイルス感染拡大により、開幕の延期が決定しているプロ野球とメジャーリーグ。プロ野球は4月中の開幕を目指しているが、国内外のプロリーグは軒並み中止や延期に追い込まれている。コロナ騒動に終息の見通しが立たない中、4月中に開幕できるかどうかも不透明だ。

 12球団とNPBは入場料収入やスポンサー契約、放映権料などの問題もあり、全143試合に加え、クライマックスシリーズと日本シリーズのポストシーズンを通常開催したい意向だ。が、日本シリーズは選手稼働期間のギリギリとなる11月末に設定されており、開幕日が後ろにズレればズレるほど日程消化は難しくなる。試合数の削減、ポストシーズンの短縮、無観客試合での開幕を強いられかねないのが実情である。

 もし公式戦を無観客で実施した場合、球団経営の根幹をなすチケット収入は1円も入らず、球場内での飲食やグッズの売り上げも見込めなくなる。チケット収入は1試合当たり1億円程度といわれており、各球団の屋台骨を揺るがしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る