日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

公開日: 更新日:

 日米球界に猛烈な逆風の嵐が吹いている。

 新型コロナウイルス感染拡大により、開幕の延期が決定しているプロ野球とメジャーリーグ。プロ野球は4月中の開幕を目指しているが、国内外のプロリーグは軒並み中止や延期に追い込まれている。コロナ騒動に終息の見通しが立たない中、4月中に開幕できるかどうかも不透明だ。

 12球団とNPBは入場料収入やスポンサー契約、放映権料などの問題もあり、全143試合に加え、クライマックスシリーズと日本シリーズのポストシーズンを通常開催したい意向だ。が、日本シリーズは選手稼働期間のギリギリとなる11月末に設定されており、開幕日が後ろにズレればズレるほど日程消化は難しくなる。試合数の削減、ポストシーズンの短縮、無観客試合での開幕を強いられかねないのが実情である。

 もし公式戦を無観客で実施した場合、球団経営の根幹をなすチケット収入は1円も入らず、球場内での飲食やグッズの売り上げも見込めなくなる。チケット収入は1試合当たり1億円程度といわれており、各球団の屋台骨を揺るがしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る