ロッテ佐々木がコロナ禍で目標上方修正 一軍へ最短プラン

公開日: 更新日:

 初球、いきなり157キロを投げ込んだ。

 ロッテドラフト1位右腕・佐々木朗希(18=大船渡)が24日、フリー打撃に登板。プロ入り後、初めて打者を相手にした投球で、またも周囲の度肝を抜いた。

「高めは今まで見たことがないくらい速い。ボールが小さく見えた」と、驚きの表情で衝撃を口にしたのは、ドラフト5位新人の福田光輝(法政大)。オール直球で投じた全25球のうち、実に13球が150キロを超えた。最速157キロを3度マークし、捕手を務めた育成2位新人の植田将太(慶大)の差し出したミットがスピードに追いつかず、捕り損ねる場面もあった。

「素晴らしい球を投げていた。本当に順調にきていますね」

 見守った井口監督もニッコリである。

 それでいて本人、「目立っていい球はなかったです。球速にバラつきがあったので」と不満を口にするのだから、いよいよ周囲は「末恐ろしい」と喜ぶのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る