ロッテ佐々木がコロナ禍で目標上方修正 一軍へ最短プラン

公開日: 更新日:

 初球、いきなり157キロを投げ込んだ。

 ロッテドラフト1位右腕・佐々木朗希(18=大船渡)が24日、フリー打撃に登板。プロ入り後、初めて打者を相手にした投球で、またも周囲の度肝を抜いた。

「高めは今まで見たことがないくらい速い。ボールが小さく見えた」と、驚きの表情で衝撃を口にしたのは、ドラフト5位新人の福田光輝(法政大)。オール直球で投じた全25球のうち、実に13球が150キロを超えた。最速157キロを3度マークし、捕手を務めた育成2位新人の植田将太(慶大)の差し出したミットがスピードに追いつかず、捕り損ねる場面もあった。

「素晴らしい球を投げていた。本当に順調にきていますね」

 見守った井口監督もニッコリである。

 それでいて本人、「目立っていい球はなかったです。球速にバラつきがあったので」と不満を口にするのだから、いよいよ周囲は「末恐ろしい」と喜ぶのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る