元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

コロナ禍での中断延長に揺れるJを緊急探訪【ガンバ大阪】

公開日: 更新日:

序盤快進撃の期待もコロナに水を差される格好に

 大阪府の吉村洋文知事が出した「3月3連休の大阪・兵庫往来自粛」に困惑が広がった関西圏。その渦中の3月22日。ガンバ大阪の本拠地・吹田スタジアムの最寄駅、JR吹田駅は閑散としていた。万博記念公園も草野球や少年サッカーなど一部が練習していただけ。例年の春休みに比べると人出は大幅に減った様子だ。そんな中、ガンバの選手たちはJリーグ再開に向けて活動を続けている。

 が、4月3日の再開もさらに延期される事態になった。2月23日の今季開幕・横浜戦でJ1最多タイの631試合出場を記録した遠藤保仁は、「どの国もほとんどサッカーしていないんで。日本も慌てる必要はないと思いますし、みんなの健康が第一。冷静な判断をしていただければ、僕らはそこに従うだけです」と長期戦を覚悟する構えだ。

 元日本代表主将・宮本恒靖監督就任3年目のガンバは、今季J1開幕戦で昨季王者の横浜を2-1で撃破。好スタートを切った。遠藤の記録達成もあり、序盤の快進撃に大きな期待が高まったが、新型コロナウイルスの感染拡大に水を差される格好となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る