元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

コロナ禍での中断延長に揺れるJリーグを緊急探訪【清水】

公開日: 更新日:

地元全体が“サッカーのある日常”を取り戻したい

 新型コロナウイルスの感染拡大でJリーグが中断期間に入って約1カ月。サッカーの町・清水は公式戦のない寂寥感に包まれている。

 今季就任したクラモフスキー監督も「ファンが練習を見に来れなくなり、彼らと会えなくて非常に残念」と顔を曇らせた。2月25日の最初の休止決定を機に多くのクラブが一般の練習見学を取り止めたが、清水は3月14日まで通常通りの対応を続けていた。だが、12日に清水市内で60代女性の感染が発覚したことでクラブ側としても、見学禁止に踏み切らざるを得なかった。「早く公式戦が再開されてゴールを決める姿を見てほしい」と元北朝鮮代表のベテランFW鄭大世も苦しい胸の内を明かした。

 3月の三連休中日の21日。世界遺産の三保松原や三保マリーナ、東海大学三保水族館に近い清水の練習場は、休日とは思えないほど閑散としていた。普段なら熱狂的サポーターが観客席から選手の一挙手一投足を見つめているのだが、その姿はどこにも見られなかった。清水駅寄りにあるエスパルスドリームプラザのスポーツ店も人影はまばらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る