元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

コロナ禍での中断延長に揺れるJリーグを緊急探訪【浦和】

公開日: 更新日:

武藤が心情吐露「レッズの情報が入ってこないと知り合いに言われた」

 <田嶋ショック>を機にJリーグ村井満チェアマンの記者会見がオンラインに切り替わり、鹿島や仙台もビデオ通信アプリを使ったメディア対応に踏み切るなど、サッカー界が揺れ動いている。その方式を真っ先に取り入れたのが浦和レッズだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大によってJ公式戦が最初に延期されたのを受け、3月1日から実施している。取材対応した元日本代表FW武藤雄樹は「少し壁があるような感じがして……みなさんもすごく難しいですよね」と報道陣をおもんぱかった。

「3月1日から練習後、ミックスゾーンでの取材対応は当面の間、休止とさせていただきます」

 浦和から報道各社に送られたメールには、こんな記載があった。「インタビュー全面禁止」かと思われたが、浦和広報は選手の感染リスクを下げつつ、メディアのニーズに応えるため、スカイプを使った質疑応答にスイッチ。初日のGK西川周作を皮切りに、毎日1人ずつが囲み取材に答えるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る