センバツ中止で目標切り替え 夏の甲子園は沖縄勢に要注意

公開日: 更新日:

 全国の先陣を切った。

 25日、高校野球の沖縄春季大会がセルラースタジアムなどで開幕。延長十三回のタイブレークに突入する激戦となった那覇対北谷戦など計9試合が行われた。中止になったセンバツから導入される予定だった1週間で500球以内の球数制限や、申告敬遠が適用され、同戦では申告敬遠が活用された。

 その一方で、新型コロナウイルス感染拡大により、全国各地では春季大会開催のメドが立っていない。25日時点で開幕を予定、もしくは未定になっている県が大半で、静岡、福岡、四国4県では中止が決定した(福岡は各地区大会は開催)。

 センバツが中止になり、各校は夏の甲子園に目標を切り替えている。高野連はこの日、5月中に開催に関して何らかの方向性を出す方針を示した。夏に開催できるかどうかはコロナ次第だが、沖縄はどの都道府県よりも早く準備や対策を進められる。夏に有利に働きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る