センバツ中止が選手と出場校に与える計り知れないダメージ

公開日: 更新日:

「残念だが、夏に向けて気持ちを切り替えてやるしかない」

 センバツ中止の報を受け、出場32校の大半の監督や主将はこうコメントしたが、「気持ちを切り替える」のは至難の業ではないか。

 昨秋の地方大会と地区大会を勝ち抜き、やっとつかんだ甲子園切符。球児たちは19日の開幕に向けて体も気持ちもピークにもっていくような調整をしていた。1週間前には無観客ながら開催を前提とした準備をするよう指示されてもいる。なのに突然、はしごを外された。中止が決まって泣き崩れた球児がいたのも当然で、甲子園という目標を失ったいまの選手たちは腑抜けみたいなものだろう。

 ある出場校の野球部関係者は「夏に向けて頑張って欲しいけど、気持ちをすぐに切り替えることはできないと思う。落ち込んだ生徒たちが心配です」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る