米滞在の日本人メジャー選手は感染リスク冒しても帰国が吉

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日本人メジャーリーガーが練習を再開した。

 23日(日本時間24日)にはマリナーズ・菊池雄星(28)が、アリゾナ州スコッツデールの公園などで約1週間ぶりに体を動かした。

 MLBでは今月26日の開幕を延期し、各球団はキャンプ地や本拠地の施設を閉鎖した。米国外出身選手は一時帰国を許可されたものの、日本人選手で米国からの出国を検討しているのはレイズ・筒香、ブルージェイズ・山口ぐらい。エンゼルス・大谷、ヤンキース・田中、カブス・ダルビッシュらは菊池のようにキャンプ地や自宅周辺の公共施設を利用して汗を流しているのが現状だ。

 大谷は航空機での移動による感染を避けるため、本拠地アナハイムでの調整を決めたそうだが、米国滞在もリスクはつきまとう。


 米政府は国家非常事態を宣言。感染が拡大するニューヨーク市ではロックダウン(外出制限)を発令した。外出はままならず、ストレスを抱えた住民は少なくない。銃社会の米国では、無差別に人を殺傷する乱射事件が後を絶たず、多くの加害者は凶行に及んだ原因として、被害妄想を抱いたり、何らかのストレスに悩まされていたことが調査結果で判明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る