米滞在の日本人メジャー選手は感染リスク冒しても帰国が吉

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日本人メジャーリーガーが練習を再開した。

 23日(日本時間24日)にはマリナーズ・菊池雄星(28)が、アリゾナ州スコッツデールの公園などで約1週間ぶりに体を動かした。

 MLBでは今月26日の開幕を延期し、各球団はキャンプ地や本拠地の施設を閉鎖した。米国外出身選手は一時帰国を許可されたものの、日本人選手で米国からの出国を検討しているのはレイズ・筒香、ブルージェイズ・山口ぐらい。エンゼルス・大谷、ヤンキース・田中、カブス・ダルビッシュらは菊池のようにキャンプ地や自宅周辺の公共施設を利用して汗を流しているのが現状だ。

 大谷は航空機での移動による感染を避けるため、本拠地アナハイムでの調整を決めたそうだが、米国滞在もリスクはつきまとう。


 米政府は国家非常事態を宣言。感染が拡大するニューヨーク市ではロックダウン(外出制限)を発令した。外出はままならず、ストレスを抱えた住民は少なくない。銃社会の米国では、無差別に人を殺傷する乱射事件が後を絶たず、多くの加害者は凶行に及んだ原因として、被害妄想を抱いたり、何らかのストレスに悩まされていたことが調査結果で判明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る