ウィンブルドンテニス延期か中止検討 来週にも緊急会議

公開日: 更新日:

 テニスの4大大会(グランドスラム)のひとつであるウィンブルドン(全英)選手権(6月29日開幕)の主催者は25日(日本時間26日)、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、延期か中止を前提に検討すると発表した。主催するオール・イングランド・テニスクラブの関係者によれば、来週にも緊急幹部会議を開いて正式に決定するという。

 グランドスラムは、1月の全豪オープンがすでに終了。5月下旬に開催予定だった全仏オープンは9月20日~10月4日に延期することが発表された。

 当初、ウィンブルドンは無観客での実施も視野に入れ、予定通りに開催すると発表していたが、23日にジョンソン首相が3週間の外出制限を発表するなど、感染リスクが高まったことから、中止に向けた検討に入ることになった。

 大会の開催をめぐっては選手の間からも懐疑的な声が上がっており、前回覇者のノバク・ジョコビッチ(32)は自身のSNSに「今は誰にとっても耐えるべき時だ。世界が健康でなければならない」と、自粛を訴えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る