シャラポワが引退表明 テニス元女王は“第2の人生”も超多忙

公開日: 更新日:

 テニス界の妖精が、ついにラケットを置く。

 元世界女王のマリア・シャラポワ(32=ロシア)が26日(日本時間27日)発売の米誌のエッセーで「テニスに私はさよならを言います」とつづり、現役引退を表明した。

 2004年に17歳でウィンブルドンを制すると、05年には世界ランク1位に。12年の全仏Vでキャリアグランドスラム(4大大会制覇)を達成した。

 16年1月にドーピング違反で資格停止処分を受け、翌年に復帰してからは右肩などの負傷に悩まされた。親交があったNBAレジェンドのコービー・ブライアント氏の事故死も引退の引き金になったそうで、ニューヨーク・タイムズ紙の取材に「(コービーが)人生で大事なものを気付かせてくれた」と話した。

 シャラポワが言う「大事なもの」のひとつは、セカンドキャリアとみられる。今後は現役時代から手掛けてきたビジネスを本格的に展開するからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る