五輪「開催ありき」が一変…森会長と山下会長の“赤っ恥”

公開日: 更新日:

 ちょうどよい機会ではないか。東京五輪の開催延期に合わせ、2人には「退場」してもらうべきではないか。

 IOC(国際オリンピック委員会)が7月開催予定の東京五輪の延期も含めて検討に入ると発表したことを受け23日、都内で会見を開いた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)。「今日の状況を見ると、国際情勢は変化して、まだ予断を許さない。欧州や米国など異常な事態になっている地域もある。いろんな(延期や中止を求める)声があるのに『最初の通り、やるんだ』というほど我々は愚かではない」などともっともらしく語っていたが、朝令暮改とはこのこと。「最初の通り、やるんだ」と言い続けてきたのは、他ならぬ森会長自身だった。

 会見から遡ること2週間前、森会長は、元電通専務の高橋治之理事が米紙のインタビューで、新型コロナウイルスの影響で五輪が今夏に開催できない場合は「1~2年延期するのが最も現実的」との見方を示したことを受けて、こう怒りをあらわにしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る