五輪「開催ありき」が一変…森会長と山下会長の“赤っ恥”

公開日: 更新日:

 ちょうどよい機会ではないか。東京五輪の開催延期に合わせ、2人には「退場」してもらうべきではないか。

 IOC(国際オリンピック委員会)が7月開催予定の東京五輪の延期も含めて検討に入ると発表したことを受け23日、都内で会見を開いた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)。「今日の状況を見ると、国際情勢は変化して、まだ予断を許さない。欧州や米国など異常な事態になっている地域もある。いろんな(延期や中止を求める)声があるのに『最初の通り、やるんだ』というほど我々は愚かではない」などともっともらしく語っていたが、朝令暮改とはこのこと。「最初の通り、やるんだ」と言い続けてきたのは、他ならぬ森会長自身だった。

 会見から遡ること2週間前、森会長は、元電通専務の高橋治之理事が米紙のインタビューで、新型コロナウイルスの影響で五輪が今夏に開催できない場合は「1~2年延期するのが最も現実的」との見方を示したことを受けて、こう怒りをあらわにしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る