東京五輪1年程度の延期決定 胸をなで下ろした競技団体は?

公開日: 更新日:

 世界中の新型コロナウイルスの感染状況に加え、世界陸連が来年の世界選手権(米国)の日程変更が可能なことをロイター通信が報じたことで、「延期」の動きが加速。

 すでに五輪代表になっている選手にとっては複雑な「決定」だろうが、悪いことばかりではない。

 例えば、日本陸連だ。今年の日本選手権を新国立競技場で開催できないことから、7月の開幕に不安を抱えていた。そのため5月5日、6日に国立に観客を入れてテスト大会を行う予定だ。男子の競技種目は、100メートル、200メートル、1500メートル、110メートルハードル、400メートルハードル、3000メートル障害、走り高跳び、走り幅跳び、砲丸投げ、やり投げ、十種競技、4×100メートルリレー、4×400メートルリレーの13種目。

 女子のみ行われるのが、100メートルハードル、三段跳び、ハンマー投げ(計13種目)。この他、男女混合4×400メートルリレーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る