陸連は五輪マラソンを東京に戻せるか IOCは夏前開催も示唆

公開日: 更新日:

 今度は「こっち」からだ。

 東京五輪は1年程度の延期が決まり、陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)は25日、すでに内定している男女各3人のマラソン代表について「権利を守ってあげたい」と再選考しない方針を明らかにした。6月の理事会で正式に承認される見通しだ。

 一方、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は同日、開催時期について、遅くとも2021年の夏までというのが合意であり、必ずしも夏には限らないという認識を示した。

 そこでマラソンだ。

 それまで東京都の暑さ対策を評価していたバッハ会長は、昨秋ドーハで開催された世界陸上のマラソン、競歩の途中棄権者の多さにショックを受けた。東京五輪で同じことが起こればIOCは責任を免れない。ビビったバッハ会長は東京都に事前の相談もなく、突然マラソン、競歩の会場を札幌に変更した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る