五輪延期なら選手や経済損失は…6つの疑問を専門家に聞く

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大で、東京五輪が窮地に立たされている。国際オリンピック委員会(IOC)は、「予定通り7月24日の開幕」と強調しているが、大会組織委員会の理事や米国のトランプ大統領も延期に言及。16日には、英国の陸上800メートルの有力選手のガイ・リアマンスが【2020年東京五輪の延期をIOCに要求】と英ガーディアン紙が報じた。

 ついにアスリートからも通常開催への疑問の声が上がり、2022年の冬夏五輪の同時開催という2年延期が現実味を増している。東京五輪関係者の間では「中止よりマシ」との意見もあるが、仮に延期でもその影響は甚大だ。

【Q1】代表選手選考はどうなるか

 五輪延期で最も割を食うのは、出場権を勝ち取った代表選手たちだ。国内ではすでに柔道(男子66キロ級除く)、女子レスリング、男女マラソン卓球といった、メダル獲得を期待される大半の競技で代表選手が内定。競技や種目によって選考方法に差異はあっても、各団体の強化委員会は、「メダル獲得の可能性」を優先して人選した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る