ドーピング検査困難…東京五輪は稀代の“薬漬け大会”になる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大で不自由を強いられているのは何もアスリートに限らない。ドーピング(禁止薬物使用)検査にも支障を来しているのだ。

 世界反ドーピング機関(WADA)のウィトルド・バンカ会長(ポーランド)は24日(日本時間25日)、東京五輪の延期に関して「選手の健康と安全はWADAにとっても最優先だ」との声明を発表。現在は各競技とも国際大会の延期、中止が相次いでいることから「(ドーピング)検査も難題に直面しており、影響を軽減するために状況を注視し続ける」と、来年の五輪に向けて警戒を怠らない方針を示した。

 WADAをはじめとする各国の反ドーピング機関は、五輪前年に禁止薬物使用の取り締まりを強化するのが通例。競技内(大会中)はもちろん、競技外(合宿先などでの抜き打ち)検査の回数を増やしてアスリートの検体を確保してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る