ドーピング検査困難…東京五輪は稀代の“薬漬け大会”になる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大で不自由を強いられているのは何もアスリートに限らない。ドーピング(禁止薬物使用)検査にも支障を来しているのだ。

 世界反ドーピング機関(WADA)のウィトルド・バンカ会長(ポーランド)は24日(日本時間25日)、東京五輪の延期に関して「選手の健康と安全はWADAにとっても最優先だ」との声明を発表。現在は各競技とも国際大会の延期、中止が相次いでいることから「(ドーピング)検査も難題に直面しており、影響を軽減するために状況を注視し続ける」と、来年の五輪に向けて警戒を怠らない方針を示した。

 WADAをはじめとする各国の反ドーピング機関は、五輪前年に禁止薬物使用の取り締まりを強化するのが通例。競技内(大会中)はもちろん、競技外(合宿先などでの抜き打ち)検査の回数を増やしてアスリートの検体を確保してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る