“バッハ会談”に政治家ズラリ JOC山下会長はなぜ蚊帳の外?

公開日: 更新日:

 まるで政治家の密談だ。

 24日夜に行われた国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と安倍首相の電話会談。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて安倍首相は、今年7月24日開幕予定の東京五輪を1年程度延期するよう提案。バッハ会長がこれを受け入れた形になった。しかし実際は、17日の臨時理事会以降、IOCは「1年延期」に舵を切り始め、水面下で動いていた。安倍首相の「お願い」で延期が決まったわけではない。

 それにしても不思議なのは、この会談に「あの人」がいなかったことだ。25日の一般紙やスポーツ紙に掲載された写真を見ると、安倍首相以外の出席者は、森組織委員会会長、菅官房長官、橋本五輪相、小池百合子東京都知事の4人。さらに、組織委員会の武藤事務総長も同席しているが、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長の姿がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る