三田村昌鳳氏 日本ゴルフ界は右に倣えで使命感が足りない

公開日: 更新日:

 コロナ禍の自粛要請から、国内のスポーツイベントはすべて止まったままだ。ゴルフ界も打撃を受けている。男子ツアーは6月末までの7試合、女子ツアーは開幕から18試合の中止が決まり、両ツアーとも再開の見通しが立たない。いっぽう、米ツアーは4月半ばに「チャールズ・シュワブ・チャレンジ」(6月11~14日)からの再開をいち早く発表した。米女子ツアー、米シニアツアーも4月中に新日程を明らかにした。日米ゴルフ事情に詳しいゴルフジャーナリストの三田村昌鳳氏は、この差をどう見たか。

■自分たちがリーダーだという使命感

 ――米国内でも新型コロナウイルス感染は完全に終息していませんが、米ツアーは再開に向けて行動が早いですね。

 スポーツイベント再開に向けてどこが先鞭をつけるか、世界中が注目している。どこもやらないから自粛しよう、再開は急ぐ必要もないだろう、という発想では先が見えない。米ツアーは世界一のゴルフ競技団体という自負がある。もちろん、このままでは米国のスポーツがダメになってしまうという危機感もある。まず自分たちがリーダーシップをとって動かないと、世界中のゴルフ団体も動けない。そんな使命感がある。同時に選手やファンに向けて、ツアーを再開するというメッセージを伝えることが何よりも大事と考えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る