巨人2年目の山下は開幕レギュラーも…「丸2世」と恩師評価

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(61)が19歳の新星をベタ褒めした。18日に球団が配信した動画で育成出身の高卒2年目外野手・山下航汰(19)について、「弱冠2年目の20歳に満たない選手とはいえども、ジャイアンツのレギュラーに入るだけの戦うだけの力を持っている」とレギュラー抜擢の可能性に言及したのだ。

 高崎健康福祉大高崎出身。新人時代の昨季は、育成入団の1年目では史上初となるイースタン・リーグ首位打者(打率・332)を獲得した若手有望株だ。

■打撃コーチを質問攻め

 昨年まで巨人で巡回打撃コーチを務めた内田順三氏がこう語る。

「高校時代に75本も本塁打を打ったというので、楽しみにしていました。最初に見た印象は、それほど上背(174センチ)はないのに、オリックスの吉田(正尚)のようにフォロースイングでバットが背中を叩くまで振り切れ、しかも、広角に打てる。ヘッドスピードもあったので本塁打の数も納得しました。ミート力というか、正確性、再現性も高いので打率が残るだろうなと。さらには、積極的に打っていけるので三振が少ない。追い込まれても球際でファウルができて粘ることができる。打撃に関しては、高卒1年目から言うことがないほど完成されていましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る