FA移籍の楽天・鈴木が上り調子 古巣ロッテの鼻を明かす日

公開日: 更新日:

 ロッテからFA移籍した楽天鈴木大地(30)が19日の開幕に向けて調子を上げてきた。

 10日の西武戦。二回の第1打席で相手先発・今井の150キロを鋭く振り抜き、右翼席中段へ先制アーチを放った。七回には左翼線へ技ありの二塁打。「感触は良かった。でも、打撃は良くなったり、悪くなったり。明日になると違ってくる」と気を引き締めた。

 2日の練習試合再開から10タコと精彩を欠いたが、ここ3試合で9打数4安打と上り調子。複数のポジション、複数の打順を高いレベルでこなす新戦力のユーティリティーぶりは、三木新監督率いる今季の楽天のキーマンに挙げられる。ロッテOBが言う。

「加えて、人望があり、抜群のキャプテンシーもあると評された鈴木の流出はさぞ痛手だろうと、今春のロッテのキャンプで首脳陣のひとりに水を向けた。すると、『キャプテンシーですか……。外からの評価と中の評価は違うものですからね』との答えが返ってきた。移籍したことで遺恨が生まれたのかもしれないね」

 楽天からはFAで美馬がロッテに移籍。今季の2球団の戦いは見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る