巨人・湯浅が遊撃の後釜候補に急浮上 快進撃続く理由は?

公開日: 更新日:

 巨人の新星が止まらない。売り出し中の高卒3年目・湯浅大内野手(20)である。

 10日のDeNA戦に「2番・遊撃」で出場。初回にDeNA先発・中川の146キロを左翼席中段まで運んだ。

 新型コロナウイルスの影響で3日から欠場が続く坂本の代役として期待がかかる。

 7日のヤクルト戦でも左翼ポール際の最上段へ3ラン。これで練習試合は15打数7安打で打率・467、2本塁打8打点。原監督も「インコースでも(打球が)切れない。自分のポイント、近いポイントで打つことができる」と賛辞を惜しまなかった。

 高崎健康福祉大高崎高では3年春のセンバツに出場。2017年のドラフト8位で指名された。

 入団当初は「俊足、強肩の内野手として素材は良かったが、なにしろ打てなかった」と、さる球団関係者は証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る