ドシャ降り開幕戦で露呈…中止にできない屋外球場の怖さ

公開日: 更新日:

 同情を誘う開幕戦だった。

 屋外球場は神宮と横浜の2試合。試合前から降っていた雨は一向にやまず、横浜は開始時間が約30分遅れた。神宮は人工芝でもマウンドや打席、ベース周りの土の部分はグチャグチャ。試合中、何度も乾いた土を入れて整備が行われた。

 そんなグラウンド状態では走者は全力疾走ができず、投手や野手も足元を気にしてばかり。神宮では五回裏、雄平の三塁ゴロを好捕した中日高橋は、足を滑らせ立ち上がれず膝をついたまま一塁ヘ送球。アウトにはしたものの、通常ならとっくに中止になっている試合だった。

 コロナ禍の影響で開幕が約3カ月も遅れ、試合数は143から120に短縮。それを約4カ月で消化しなければならない。審判団はどうしても中止の決断が鈍る。しかし、これから本格的な梅雨になれば雨天が続くこともあり、夏場のゲリラ豪雨なら試合は到底無理。中止になった試合は予備日の月曜日に行われるので、9連戦や13連戦、ダブルヘッダーもあるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る