阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

公開日: 更新日:

 焼け石に水だった。

 1日の中日戦。阪神の新助っ人・ボーア(32)が九回に来日初本塁打を放った。これまで一本も安打を打てていなかった左腕からの一発だったが、3―6で敗戦。チームは1996年以来の開幕4カード連続負け越しで、2勝9敗と泥沼にハマり込んでいる。

 それにしても、ヒドい試合だった。三回に梅野が先制ソロを放ったが、守備陣が2度の適時失策を含む3失策で投手の足を引っ張った。揚げ句、矢野監督は七回の守備から近本(25)に代えて、大山(25)をプロ初のセンターで起用。近本は打率・140と不振に陥り、大山はレフトとライトの経験があったものの、これには多くのファンが腰を抜かしたのではないか。

 首脳陣の話を総合すると、経験を積ませる意図や打順の巡り合わせがあったようだが、阪神OBはこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る