コロナ再び猛威…それでもプロ野球は観客を入れるのか

公開日: 更新日:

 本当に大丈夫なのか。

 プロ野球は7月10日から有観客開催を行うべく、準備を進めている。最大5000人からスタートし、8月1日から収容人数の半分に増やす予定。12球団で最も席数が多い阪神の本拠地・甲子園(4万7508人)の場合は約2.3万人となる。

 しかし、日本ではコロナが再び猛威を振るい始めている。東京では3日、新たに124人の感染が判明。夜の繁華街での感染者が多く、2日連続で100人を超えた。全国的に増加傾向であり、第2波の到来は必至だ。

 2日、都で会見した国際感染症センター長の大曲医師によれば、今の状態が続けば、感染経路不明者だけで4週間後に6倍(約160人)、8週間後に40倍(約1080人)にのぼる恐れがあるという。もしそんな事態が訪れようものなら、プロ野球など大規模イベント運営への影響は避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る