阪神ボーアが広島戦で満塁弾 覚醒は矢野監督の起用次第か

公開日: 更新日:

 失投を逃さなかった。

 5日の広島戦、阪神の新助っ人・ボーア(32)が右腕の遠藤から今季2号となる満塁弾を放った。前日の猛打賞に続き、バットから快音が聞かれつつある。

 ボーアは開幕戦で4番起用されたが、2試合連続無安打に終わるや、3戦目にして早くも4番から外され、6番に降格。左投手との対戦成績が13打数1安打の打率・077、1本塁打ということもあり、左投手が先発した試合でスタメンを外れたこともある。

 とはいえ、ボーアはチームの大砲不在を解消するべく、年俸2・75億円もの大金をかけて獲得した選手。4日の広島戦では結果的にアウトになったものの、二塁にヘッドスライディングするハッスルプレーも見せた。

■今は4打席に1本で十分

 かつて阪神では、3・6億円で獲得した大リーガーのグリーンウェルが自打球で足を骨折したのを機に出場7試合で退団したが、そうした“お騒がせ感”も今のところは見受けられない。評論家の福間納氏は、「開幕から14試合しか戦っていませんが、最終的に結果を残す可能性が高いと思います」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る