ソフトB栗原のライバルは「いずれ来たるキューバ助っ人」

公開日: 更新日:

 新鋭のバットが止まらない。

 開幕からヒットを量産しているのがソフトバンクの栗原陵矢(24)だ。3日の日本ハム戦でも3打数2安打1打点。打率・352、2本塁打12打点と好成績を残している。

 捕手登録だが、開幕戦から主に一塁と左翼で全試合に出場。5戦目から1番に座り、この日は「1番・左翼」だった。

 栗原は2014年ドラフト2位。今季が6年目だが、新人王の可能性はある。野手の新人王資格は「前年まで一軍で60打席以内」。栗原は昨季まで通算57打席だ。

 もっとも、一軍選手としては今季が実質1年目のようなもの。体力的にも精神的にも好調を維持できるか未知数だし、他球団に研究もされるだろう。

 ソフトバンクOBは「首脳陣もそのあたりはわかっていますよ」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る