松山英樹は取り残されるか 米ツアーは新次元の戦いに突入

公開日: 更新日:

【ロケット・モーゲージ・クラシック】最終日

 予選2日間、飛ばし屋とのペアリングは大きな刺激になったはずだ。

 松山英樹(28)は通算12アンダー、13位タイからスタート。5バーディー、2ボギー、1ダブルボギー、通算13アンダーの21位タイに終わった。

■9カ月で20キロ増

 今、米ツアーで話題を集めているのが、通算23アンダーで6勝目を挙げたブライソン・デシャンボー(26・米国)だ。コロナ禍によりツアーが中断した約3カ月の間にトレーニングと食事、サプリメントの摂取で胸板が厚くなり、首回りや腕も春先より太くなった。体全体を見ても二回りぐらいは大きい。2月には100キロそこそこだった体重が今では110キロ超。なんとここ9カ月で20キロも増えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る