初の4連敗で首位陥落…“内弁慶”巨人の「屋外球場恐怖症」

公開日: 更新日:

 巨人が首位から陥落した。

 12日のヤクルト戦で初回2死一塁から村上の飛球を左翼・亀井、中堅・丸がお見合い。2人の間にポトリと落ちる間に先制を許した。結局1点差で競り負けただけに、痛恨の失点となった。原監督は「細かいミスは負けると目立つね」と頭をかいた。

 1点を追う六回にも珍プレーがあった。1死一、三塁から、炭谷の遊ゴロの間に三塁走者が生還。同点かと思われたが、高津監督からリクエスト要求があり、一塁走者・パーラのスライディングが守備妨害と判定され併殺。得点が取り消された。

 これで巨人は4連敗。4連勝のヤクルトに首位を明け渡した。開幕以降、巨人は東京ドームでの集中開催が続いた。15試合中、神宮での3試合を除いた12試合を空調の効いた快適な本拠地で戦い、首位を快走。それが、外に出た途端、負け出した。あるスコアラーがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る