ジャクソン大麻逮捕の波紋…“身体検査”要厳重で補強二の足

公開日: 更新日:

 球界に激震が走った。

 10日、ロッテの新外国人ジャクソン(32)が大麻取締法違反の容疑で逮捕された。現役助っ人の大麻所持、逮捕は1988年の近鉄・デービス以来となる。

 ジャクソンは7日、広島県警による千葉市内の自宅捜査で、所持していた大麻リキッド(大麻を液状に加工したもの)を押収された。その翌日の8日に球団に契約解除を申し出て、9日に受理。このスピード解雇も逮捕となれば納得だ。

 ジャクソンは中継ぎとして今季7試合で投げ、1セーブ、3ホールド、防御率3・86。勝ちパターンの一角を担っていただけに、ロッテのダメージは大きい。

 他球団も他人事ではない。今季は新型コロナで開幕が遅れた影響もあって、補強期間は例年の7月31日から9月30日に延長されていた。各球団ともにリストアップしていた外国人選手もいただろうが、ジャクソンが大麻所持となれば身体検査は普段以上に厳重に行わなければいけない。その時間があるかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る