ヤ軍田中が打球直撃から初の会見 開幕登板「考えてない」

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(31)が14日(日本時間15日)、本拠地ヤンキースタジアムでの練習前に会見。4日、フリー打撃に登板した際、頭部に打球を受けて以来、初めて報道陣に対応した田中は「致命傷になるわけでもなく、何の症状もなく、トレーニングはできている。自分にとっては明るいニュース」と話した。

「軽度の脳振とう」と診断され、現在は大リーグ機構(MLB)が定める復帰プログラムに従い、チームとは別メニュー調整。すでに9日にはキャッチボールを再開し、遠投では徐々に距離を伸ばしており、ブルペンには「順調にいけば、近いうちに入れると思う」と、見通しを明かした。

 今季の田中はアストロズからFA移籍の右腕ゲリット・コールに次ぐローテの2番手の位置付けだった。チームは4年連続ポストシーズン進出、自身は今季終了後、FAになる。チーム、田中双方にとって重要なシーズンになるが、23日(同24日)からのナショナルズとの開幕カードでの登板については「目の前のステップを一つ一つ上ることが大事。今はそこまで考えていない」と、復帰を急がないと話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る